まろやかインド哲学

専門性よりも親しみやすさを優先し、インド思想をまろやかな日本語で分解演習します。座学クラスの演習共有のほか、インド六派哲学のサーンキヤとヨーガの教典についてコメントしながら綴ります。

2014-11-02から1日間の記事一覧

プルシャとグナの結びつき

サーンキヤ・カーリカー 第20節・その注釈で述べられていること したがって、それ(プルシャ)と結合することで、無感覚なリンガがあたかも意識を備えているかのような状態になります。また、グナが活動の主体であるのに、ニュートラルなもの(プルシャ)が…