まろやかインド哲学

専門性よりも親しみやすさを優先し、インド思想をまろやかな日本語で分解演習します。座学クラスの演習共有のほか、インド六派哲学のサーンキヤとヨーガの教典についてコメントしながら綴ります。

Samkhya Karika

功徳は上方へ、罪過は下方へ。知により解脱へ、無知により束縛へ

サーンキヤ・カーリカー 第44節・その注釈で述べられていること 功徳は上方へ向かいます。罪過は下方へ向かいます。知によって解脱が、その反対のもの(無知)によって束縛があると認められています。 <「サーンキャ・カーリカー」内でのこの節>前の第43節…

ダルマの状態は3種類ある

サーンキヤ・カーリカー 第43節・その注釈で述べられていること 功徳には、先天的な生まれつきのもの、自然にそなわるもの、後から獲得するものがあります。これらは器官を拠り所とすると認められています。妊娠直後の胎児は、結果である粗大な身体を拠り所…

偏在するプラクリティとの結びつきでリンガがあらわれる

サーンキヤ・カーリカー 第42節・その注釈で述べられていること 微細な身体(リンガ)は、プルシャの目的を理由に、原因と結果が結びつくことによって、さまざまな形であらわれます。プラクリティ(そのあらわれのなかに潜在的に存在している物質的原因)は…

リンガは微細な要素を拠り所とする

サーンキヤ・カーリカー 第41節・その注釈で述べられていること キャンバスのような拠り所がなければ、絵は存在できません。杭などがなければ、影は存在できません。これと同じように、微細な身体(リンガ)は、微細な要素を拠り所とすることで存在します。 …

リンガは常に存在し、輪廻する

サーンキヤ・カーリカー 第40節・その注釈で述べられていること リンガ(微細な身体)は(世界が)存在する前からあり、固執することなく、常に存在しています。大きなものから微細なものまでを範囲としたものから構成され、経験を持つことがなく、さまさま…

微細なものは常に存在し、粗大なものはいずれ消滅する

サーンキヤ・カーリカー 第39節・その注釈で述べられていること 微細なもの、父母から生じた身体は、粗大な元素とともに、3種類のありかたで特異化・変化して存在することになります。それらのうち、微細なものは常に存在し、父母から生じた身体は消滅します…

微細なものは特異化しない。粗大なものが特異化する

サーンキヤ・カーリカー 第38節・その注釈で述べられていること 微細な要素は、特異なものに変化することはありません。微細な要素の5つから5つの粗大な元素があらわれ、この粗大なほうが、特異に変化すると伝えられています。おだやかな(サトヴィックな)…

ブッディは微細なものを識別する

サーンキヤ・カーリカー 第37節・その注釈で述べられていること ブッディはプルシャに、あらゆるものに対する "享受" を成立させます。 またさらに、「プルシャがプラクリティとは別のものである」という微細な違いを識別しているのもブッディです。 <「サ…

プルシャが目的とするものが器官の協力によって照らし出され、ブッディに渡される

サーンキヤ・カーリカー 第36節・その注釈で述べられていること グナが特別に変化したものであるこれら(3つの内的器官と10の外的器官)は、それぞれ特異質を持ちながら、ロウソクの役割を果たします。プルシャが目的とするものをすべて照らし出し、ブッディ…

ブッディと内的器官は門番、外的器官は門

サーンキヤ・カーリカー 第35節・その注釈で述べられていること 内的器官とともにブッディはすべての対象を捉えます。そのため、3種の内的器官が門番、ほかの外的器官が門ということになります。 <「サーンキャ・カーリカー」内でのこの節>すべての対象の…

知覚器官、行為器官の対象領域

サーンキヤ・カーリカー 第34節・その注釈で述べられていること これら13の器官のうち、5つの知覚器官は特殊なことも、特殊でないことも対象にします。 行為器官のうち「話す」器官は音を対象にします。 そしてその残りの行為器官は(「色」「音」「香」「味…

外的器官は現在だけを、内的器官は過去・現在・未来を対象とする

サーンキヤ・カーリカー 第33節・その注釈で述べられていること 内的器官は3つあります。外的器官は10個で、3つの内的器官の対象といわれます。外的器官は「現在」を対象とし、内的器官は3つの時(過去・現在・未来)を対象とします。 <「サーンキャ・カー…

捉える、保持する、明らかにする

サーンキヤ・カーリカー 第32節・その注釈で述べられていること 道具である器官は13種類あります。5つの行為器官は「捉えること」と「保持すること」をします。5つの知覚器官は「照らすこと」をします。これら(13種類の器官)のはたらきかけかたは10種類あ…

道具である器官を動かすことができるのは、プルシャだけ

サーンキヤ・カーリカー 第31節・その注釈で述べられていること 道具である器官は、それぞれが刺激を得て、それぞれのはたらきをします。この道具を動かす原因になりえるのは、プルシャの目的(プルシャは享受者なので、「対象を享受すること」)だけです。…

見える対象、見えない対象への4器官のはたらきかた

サーンキヤ・カーリカー 第30節・その注釈で述べられていること 4つ(ブッディ・アハンカーラ・マナス・知覚行為器官のどれかひとつ)は、見えるものに対して、同時または順次にはたらきます。同じように、見えない対象に対しても、3つ(ブッディ・アハンカ…

ブッディ・アハンカーラ・マナスの3つは、独自の特質をもってはたらく

サーンキヤ・カーリカー 第29節・その注釈で述べられていること 3つ(ブッディ・アハンカーラ・マナス)は、独自の特質をもつことが、そのはたらきです。(10の器官のはたらきとは)共通しないものです。プラーナなどの5つの風は、(すべての器官に)共通の…

知覚器官は、ただ知覚するだけ。行為器官は、こんなことをする

サーンキヤ・カーリカー 第28節・その注釈 で述べられていること 形やその他の5つの知覚器官のはたらきは、ただ知覚をするだけのものと認められています。 5つの行為器官は、話すこと・手で取ること・歩くこと・排泄すること・性のよろこびであると認められ…

マナス(思考器官)

サーンキヤ・カーリカー 第27節・その注釈で述べられていること マナスは知覚器官・行為器官の両方の性質をもっています。マナスのもつはたらきは、なにかを分別したり確定する「思考の原理」で、知覚器官が感覚をもちあわせるものと同様に備えているという…

ブッディ・インドリヤ(知覚器官)と カルマ・インドリヤ(行為器官)

サーンキヤ・カーリカー 第26節・その注釈 で述べられていること ブッディ・インドリヤ(知覚器官)は、目・耳・鼻・舌・皮膚として知られ、カルマ・インドリヤ(行為器官)は、発声器官・手・足・排泄器官・生殖器官といわれています。 <「サーンキャ・カ…

アハンカーラの発現元 3つのグナと自我意識

サーンキヤ・カーリカー 第25節・その注釈で述べられていること サットヴァの豊富な11(の感覚器官)は、(サットヴァが豊富な状態に)変化したアハンカーラから発現します。 元素から微細な要素が発現します。それはタマス質のものです。タイジャサ(炎のよ…

アハンカーラは、知覚したものを自己に関連づける

サーンキヤ・カーリカー 第24節・その注釈 で述べられていること 「アハンカーラ」は、知覚したものを自己に関連づけるものです。 その「アハンカーラ」から、「11の数ある一群」と「5つの微細な要素」という2つの種類の創造がなされます。 <「サーンキャ・…

「ブッディ」は、「決める」というこころのはたらき

サーンキヤ・カーリカー 第23節・その注釈で述べられていること 「ブッディ」は、「決める」というこころのはたらきをします。 「功徳」「知識」「離欲」「力の使い方をコントロールすること」ができるのは、サットヴァが豊富な状態のあらわれです。 タマス…

「プラクリティ」「マハー」「アハンカーラ」と、16からなるグループ

サーンキヤ・カーリカー 第22節・その注釈で述べられていること プラクリティから「マハー(大なるもの)」が展開します。 マハーから「アハンカーラ(自我意識、I-ness)」が展開します。 アハンカーラから、16のものから構成されるグループが展開します。 …

プルシャとプラクリティが結びつくことで、創造がある

サーンキヤ・カーリカー 第21節・その注釈で述べられていること プルシャは「見る」ことのために、根本原質としてのプラクリティは(プルシャが)「独存する」ことのために(成し遂げるために)結合します。 盲人が足の不自由な人を背負って歩き目的地へたど…

プルシャとグナの結びつき

サーンキヤ・カーリカー 第20節・その注釈で述べられていること したがって、それ(プルシャ)と結合することで、無感覚なリンガがあたかも意識を備えているかのような状態になります。また、グナが活動の主体であるのに、ニュートラルなもの(プルシャ)が…

プルシャは分離して存在する

サーンキヤ・カーリカー 第19節・その注釈で述べられていること(この節は第11節「根本原質としてのプラクリティ」との対比の形で語られています) それゆえ、(第11節と)の反対の関係にあるため、プルシャが以下であることが立証されます。 見た者であるこ…

プルシャはユニーク化できる存在

サーンキヤ・カーリカー 第18節・その注釈で述べられていること プルシャの存在の複数性は、(以下により)立証されます。固体の生死、器官が個体それぞれに定められているから。同時に活動をしないということあるから。トリグナの構成に違いがあるから。 <…

プルシャは存在する

サーンキヤ・カーリカー 第17節・その注釈で述べられていること プルシャは存在します。 すべての集合体はなにかの目的のためにあるから。 トリグナとは逆のもの(トリグナによって構成されないもの)であるから。 コントロールをするものがあるはずだから。…

識別できないものであっても、存在はしている理由のブレイクダウン

サーンキヤ・カーリカー 第16節・その注釈で述べられていること (「識別できないものであっても、いま展開していないだけで存在はしている」とみなされるべきだ。と主張する理由を詳述) 未展開のものは、原因として存在します。トリグナのはたらき、トリグ…

識別できないものであっても、存在はしている理由

サーンキヤ・カーリカー 第15節・その注釈で述べられていること (「識別できないものであっても、いま展開していないだけで存在はしている」とみなされるべきだ。と主張する理由を羅列) 数や量は切られるから関係性があるから力によって活動するから原因と…