存続と生と死について考え伝えられた、秘められた知識

サーンキヤ・カーリカー 第69節・その注釈で述べられていること このプルシャの目的である知識は秘められ、最高の聖仙から伝えられました。それは存続、発生、崩壊について熟考され、構成されたものです。 <「サーンキャ・カーリカー」内でのこの節>この節からクロージング。この書・教義のあとがきのようなものになりま…