読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まろやかインド哲学

専門性よりも親しみやすさを優先し、インド思想をまろやかな日本語で分解演習します。座学クラスの演習共有のほか、インド六派哲学のサーンキヤとヨーガの教典についてコメントしながら綴ります。

ビンゴでギーター 12章5節

この12章5節は東京で2名のかたが選定されました。顕現(vyakta)と非顕現(avyakta)について説いている節です。

だが、非顕現なものに専念した人々の労苦はより多大である。というのは、非顕現な帰結は、肉体を有する人々によっては到達され難いから。
上村勝彦 訳

 

ふたりとも上村勝彦さんの訳を読んで、選定理由は以下のコメントでした。

  • クリシュナ(=世界、神 と理解)に専念するよりも、労苦が多いことに(あえて)専念する人々がいるとは! 世の中にはすごい人がいるのだな、と思って。(東京・Kさん)
  • ブラフマンと一体になれ、といいながらそれは成し得づらい、それならば別の物体として存在するクリシュナを神として念じればいい、と解説書にありました。もっとストレートに念じられないのか、まどろっこしいなあと思い気になりました。(東京・Yさん)

 

Kさんは「そこまでしがみつけるなんてすごい」

Yさんは「もっとシンプルな態度で念じさせて」

ふたりの視点はいっけん逆ですが、これは信仰についてインドの後世で議論される「猿の道」と「猫の道」のあり方をと少し似ています。これは神と人間の関係を動物の親子関係にたとえたもので、川を渡る局面で

  • 猿=子が親の身体にしがみつく
  • 猫=子は親におまかせ。親が口でくわえて運ぶ

この、どちらか。こういう議論が過去にあったそうです。ラーマーヌジャという11世紀の哲学者の思想を受け継いだ人たちのあいだで起こったとされる、バクティに関する論争のふたつの道。

なにか信仰についてのフレーズを目にしたときに、このような双方の態度があることを知っておくのはたいへん重要なので、同じ節を読んでのおふたりのコメントはたいへん興味深いものです。

 

この12章5節そのものは顕現(vyakta)と非顕現(avyakta)について説いており、人間は肉体を持っているから、自分と同様に肉体を持ったものを信じやすいということな
のですが、同じ日本語の訳を読み比べるよりは、英文を読むほうが認識しやすいです。

Greater is their trouble whose thoughts are set on the Unmanifest;for the Goal, the Unmanifest, is very hard for the embodied to reach.
(「iPhone GitaiPhoneアプリ


set on the Unmanifest のうえでの thoughts はむずかしい。「マニフェスト」は、よく選挙で目にする単語です。
vyakta(顕現)をマニフェストと訳しているのはたいへんおもしろく、英語なのに日本人向きな感じがするのは、いまの日本社会政治の運営方法がが欧米式で導かれているからでしょう。
できるできないは先のこととして、「こうする」と宣言するマニフェスト。顕現ではなく宣言だけどマニフェスト
これがないと、誰を信じていいかわからない。決定ができない。
ギーターのこの節で説かれていることは、こういうことと似ています。