読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まろやかインド哲学

専門性よりも親しみやすさを優先し、インド思想をまろやかな日本語で分解演習します。座学クラスの演習共有のほか、インド六派哲学のサーンキヤとヨーガの教典についてコメントしながら綴ります。

ビンゴでギーター 2章32節

この節は関東で1名、関西で1名のかたが選定されました。選択理由をお聞きすると、お二人ともクリシュナ強い鼓舞のメッセージに少し違和感を感じつつの選択でした。
理由は、それぞれ以下のようなコメントでした。

 

関東でこの節を選んだかたの、訳とコメントはこちら。

たまたま訪れた、開かれた天界の門である戦い。アルジュナよ、幸福なクシャトリヤのみがそのような戦いを得る。
上村勝彦 訳

生きることについての、先輩からの非常に親切な励ましにみえました。
「たまたま訪れた」(機会)はこのギーターの中での設定では戦争ですが、「開かれた天界の門である戦い」の部分はすべての人に当てはまることではないかと。人それぞれ違っても。わたしがわたしだったから出会えた場面というふうに解釈しました。
わたしは自分が生粋の日本人なのに日本人の感覚がわからない、と思うことがあります。学生の頃、自分が参加しなかった集会にほかの人全員が参加して「こうしなさい」と言われたことをやっていて、わたしだけ知らないからできなかったことがありました。たとえばそういうときのような「みんながそうする、そういうもんだ」ということよりも、「神に定められた」くらいの、こういうインドの感覚のほうが、トリッキーにも見えるけど、しっくりくるところがあります。(東京・Kさん)

 

「定め」を空気やムードで読まなければいけない状況よりも、このくらいわかりやすく示されたい。たしかに学生生活ではこのへんの判断がむずかしかったと感じること、あったな…、と、わたしも共感します。

 

 

関西でこの節を選んだかたの、訳とコメントはこちら。

武士階級(クシャトリア)の義務を考えるなら、正義(ダルマ)を護る戦いに加わることは、武人にとってこれに優る幸せはない。だから君が戦うことをためらう理由など一切ないのだ。
日本ヴェーダーンタ協会版

説得として雑だなと思うのだけど、こんなふうに言い切られると乗せられちゃうかな。わたしは世代的にオウム真理教の事件をすごく覚えているのですが、こういうところを使っていたのかな…、なんてことも考えます。(神戸・Kさん)


鼓舞されることと思考停止はイコールかと戸惑いながらも励まされるという、客観性を持ちつつのセレクトでした。

ギーターは思考停止させるようなフレーズが多く見えるといえば見えます。職業選択が自由であるという体裁の国で生きている人(日本人)がこの本を読んだとき、「えっ?」と思うほうがわたしは健康的ではないかと思っています。
ギーターの背景にある、カーストや職業区分・世襲制などで限られた世界で限られたノウハウが共有されていくインドの社会は、親や先輩を尊敬しやすく信頼関係を築くのに合理的なシステムが敷かれた社会。でも今わたしたち日本人が住む日本社会は、そうではない。
アルジュナは弓の名手で、武士としてたいへんかっこいい存在です。読んでいるインド人にとっては、有名なボクサーが試合に出たくないと言っているような、そういう見えかたの場面です。
「トリッキーにも見えるんだけど、しっくりくる」「こんなふうに言い切られると乗せられる」という感覚が自分にあることはわたしもあり、ギーターを読んでいるとハッとすることが何度もあります。

 


参考までに、ほかの訳も転記します。

おのずから天の門戸は近づかれ開かれたり。幸福なるクシャトリヤ(のみ)、プリターの子は、かかる戦争に際会す。(辻直四郎 訳)

図らずも到来したる、開かれし天上界の門扉なる、かかるがごとき闘諍に、めぐりあう武士(もののふ)たちは、プリター婦人の御子よ、幸運なり、(鎧淳 訳

学者の先生のこれらの訳は、「門戸(門扉)」と「戦争」がセットであることが大前提なのだということが伝わりやすい文章に見えます。

 

プリターの息子よ 武人として
このような機会にめぐり会うのは
真に幸せなこと ── 彼らのために
天国は門を開いて待っている
田中嫺玉 訳

図らずもこのような戦いの機会を得ることは、クシャトリヤにとって幸いである。アルジュナよ、天国への門は開かれるだろう。(熊澤教眞 訳

上記はインド思想の学者のかたではないかたの訳ですが、「その機会があるということは幸福である」というところに意識が向きやすい訳に見えます。
たぶんこれ以上「戦う機会=幸福」が強調されすぎると、ブラック企業の就業マニュアルのようになっていくのだと思います。