読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まろやかインド哲学

専門性よりも親しみやすさを優先し、インド思想をまろやかな日本語で分解演習します。座学クラスの演習共有のほか、インド六派哲学のサーンキヤとヨーガの教典についてコメントしながら綴ります。

ビンゴでギーター 2章62節と63節

(※2016年に東京で選定者が増えたため加筆しアップデートしました)

この節は関西で2名、関東で5名のかたが選定されました。理由をお聞きすると、怒りから破壊へのプロセスの説明がわかりやすいということでした。それぞれ以下のようなコメントでした。

  • ギーターを読んでみたらなにが言いたいのかさっぱりわからないところも多いですし、ツッコミどころも満載でなかなか前に進まないなか、この節は気になりました。(神戸・Sさん)
  • 愛着→欲望→怒り と繋がるところが気になりました。はじめは「愛着→欲望」はわかるのだけど「欲望→怒り」がなんでかな、と思いました。でもよく考えてみると、戦争もまずは「自分の家族を大切にしたい」という思いがあって、それが、幸せにしたい→できない→貧富の差でできない(よそからとってやれ、など)というふうになったりするのかなと。テロリストの行為も、もともとは愛する対象を幸せにできないことへの怒りからはじまるのかなと。(東京・Kさん)
  • 最近のストーカー犯罪に対しての加害者の存在を思い起こされたのと、餃子の王将社長の銃撃事件を思い出しました。報道では社長さんは毎朝誰よりも早く出勤してきて自ら本社の玄関掃除などをされたり、全国の王将の社員の顔を覚えていたりと「人格者」のような感じで報道されていたのですが、“恨み”(執着)を持たれてしまうということがあるのだなと…。自分も何か分からないあいだに巻き込まれているようなことがあるかもしれないと京都に住んでいる(王将本社の近くに住んでいる)友達と話していました。(神戸・Hさん)
  • ある日会社の後輩の行動にすごくカチンときてしまいました。あとで冷静になって考えてみれば、本当に気にするようなことではない内容なのです。しかし、なんだかその時はものすごくモヤモヤしました。その後「自分がやった仕事に対する執着だ」と冷静に分析できました。(東京・Aさん)
  • 夫と些細なことで口論となった時、言った言わないの水掛け論になることがあります。相手を説き伏せようとしても、権力争いを続けるだけで解決にはなりません。ギーターのこの部分を読んで、その仕組みがわかった気がしました。勝とうと思わないことにしました。負けず嫌いという相手の性格を変えるのは難しいので、その事態に、自分の心の問題として「いま相手は、記憶の混乱が起こって知性を失っているのだな。こちらの言葉は受け入れない状態だな」というふうに、眺める自分に変わることはできると思うので。自分のほうが正しいと思うけど、争うのはやめておこうという段階です。(東京・Yさん)
  • 欲望と、変な行為にとらわれた人の気持ちや行動の流れがうまく説明されていて、なるほどと思いました。ストーカーや、誰でもいいから殺したかったという人、殺人でなくても盗撮をする人も、欲望にとらわれて他が見えていないと感じます。身近なことでは、ストレスの多い職場にいたときの夫は扱いずらかったことを思い出しました。(東京・Iさん)
  • 人との距離が近い職業ほど、情緒の統制が難しいと感じます。夜勤が続いて精神的・肉体的疲労がピークな時ほど、患者さんから暴言を浴びせらたりするのは不思議です。しんどくてマズい時は、いつかニュースでみた痛ましい事件を思い出し「明日は我が身?」と、脅かしクールダウンさせるような状況が続いています。医療従事者のマニュアルには「統制された情緒関与」といって、「どういう状況であっても客観視せよ」というようなことが示されているのですが、「そうは言っても…」ということがあります。(東京・Kさん)

この2つの節は人間の怒りの感情の仕組みとその先にあることを示すもので、たった4行でよくもこんなにシンプルに表現するものだと唸る節でもあります。

人が感官の対象を思う時、それらに対する執着が彼に生ずる。執着から欲望が生じ、欲望から怒りが生ずる。
怒りから迷妄が生じ、迷妄から記憶の混乱が生ずる。記憶の混乱から知性の喪失が生じ、知性の喪失から人は破壊する。
上村勝彦 訳


ほとんどが仕組みの説明のため、日本語では翻訳者ごとのニュアンスの幅がそんなに広がることがありません。
英語版の例もあわせて表にします。(訳者敬称略)

サンスクリット語 上村 田中 熊澤 iPhoneGita SWAMI RAMA
sanga 執着 愛着 執着 執着 執着 attatchhment attatchhment
kama 欲望 欲望 欲望 欲愛 欲望 desire desire
krodha 怒り 怒り 怒り 忿怒 忿怒 anger anger
moha 迷妄 妄想 妄想 迷妄 迷妄 delusion delusion
smrti 記憶 記憶 記憶 記憶 記憶 memory memory and loss of mindfulness
vibhrama 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 confusion confusion
buddhi 知性 知性 理性 智慧 理性 reason faculty of discrimination

ここではスワミ・ラマの例を出しましたが、サンスクリット語→英語の場合は日本語の感覚とはまた違った妙味があります。
スワミ・ラマの英語を経由して日本語化すると、スムリティは「記憶そしてマインドフルネスの喪失」、ブッディは「分別能力」。現在はさまざまな心の状態を示す語がカタカナで使われるようになっているので、若い世代にはこちらのほうがスッと入ってくるかもしれません。


(参考)さまざまなギーター本はこちらで紹介しています。
d.hatena.ne.jp