まろやかインド哲学

専門性よりも親しみやすさを優先し、インド思想をまろやかな日本語で分解演習します。座学クラスの演習共有のほか、インド六派哲学のサーンキヤとヨーガの教典についてコメントしながら綴ります。

講座のおしらせ「現代小説読書会『すべて真夜中の恋人たち』をインド哲学視点で読む会」(神戸開催)

これまで小説を使った読書会では夏目漱石の「坊つちゃん」「虞美人草」「三四郎」「それから」「坑夫」「こころ」で読書会を開催してきましたが、今回は川上未映子さんの現代小説「すべて真夜中の恋人たち」で開催します。


この作品は恋愛小説という扱いになることがほとんどですが、実際に読むと「他人とかかわりながら生活を立てていく自己」「内面の思考と妄想にとらわれる自己」のありかたが、義務とは…、任務とは…、信頼とは…など、カルマ・ヨーガの問いと重なるものばかり。ふだんヨガの練習をされている人には、その身体表現にもハッとする部分が多々あるかと思います。そしてこの小説は12月にぜひとも誰かと語り合いたくなる、そんな物語でもあります。


これまで夏目漱石読書会、バガヴァッド・ギーター読書会に参加されたことのある方はもちろん、現代社会のあれこれのなかであらためて自身の価値観を見つけてみたい人や、同時代を生きる人たちと意見の交換をしてみたいかたは、どうぞモジモジせずご参加ください。初参加しやすい作品です。
ひとりでのぞき込むのは少し躊躇してしまう自我の海へ、みんなでそっと近づいてみる、そんな時間です。


当日はみなさんから事前にいただく宿題への回答をもとに、ほかのかたと認識・意識を共有していくテキストを作成し、それをもとに進めていきます。
進行の最中に、話題となった場面にあるこころのはたらきかたを、インド思想のなかに出てくる概念・視点で補足していきます。

 

  • 開催日時:2017年12月9日(土)14時00分~16時45分
  • 開催会場:神戸三宮駅から徒歩12分のスペース(お申し込みいただいたかたへご案内をお送りします)
  • 参加費:3500円。当日会場でお支払いください。
  • 持ちもの:筆記用具、「すべて真夜中の恋人たち」
  • 事前準備:お申し込みをいただいた方へ、簡単な宿題をメールでお出ししますので、12月2日(土)24時までに返信をください。むずかしいことは問わない、ちょっとした感想くらいの宿題です。(←楽しいよ)

 

▼申し込みはこちらからどうぞ

参加申し込みフォーム(2017年12月 うちこの関西生ブログ)

 

小説を使った読書会形式での講座については、こちらに開催理由を書いています。今回は川上未映子さんの小説で開催しますが、題材にする理由の年表以外の部分はほぼ同じ理由です。

 

▼以下は、事前に読むかの判断はお任せします。わたしが何度も読んでいるこの小説の感想です。

 

▼以下も、事前に読むかの判断はお任せします。東京で勤労感謝の日のイベントとして、プライベート仕様で開催した読書会のログです。

 

▼この読書会への参加申し込みはこちら

参加申し込みフォーム(2017年12月 うちこの関西生ブログ)