まろやかインド哲学

専門性よりも親しみやすさを優先し、インド思想をまろやかな日本語で分解演習します。座学クラスの演習共有のほか、インド六派哲学のサーンキヤとヨーガの教典についてコメントしながら綴ります。

マナス(思考器官)

サーンキヤ・カーリカー 第27節・その注釈で述べられていること

マナスは知覚器官・行為器官の両方の性質をもっています。マナスのもつはたらきは、なにかを分別したり確定する「思考の原理」で、知覚器官が感覚をもちあわせるものと同様に備えているという点では、思考する器官(思考器官)といえます。
器官のはたらきがさまざまであったり、外で起こることがさまざまなのは、グナの展開のしかたや転変のしかたが一律ではないためです。


<「サーンキャ・カーリカー」内でのこの節>
第26節で「11の数ある一群」のうち10個までしか説明されていなかった、残りのひとつがマナスです。


<日本語化の意図メモ>
マナスは学派によって位置づけが変わる大変興味深い器官ですが、サーンキヤでは知覚器官と並列に「思考器官」として位置づける見かたを提示し、このように説明しています。ここでは「思考」「思惟」「思慮」さまざまな日本語が考えられましたが、後者になるほど外部要因の影響が増えていくため、「思考」にしました。
元の語は「sankalpaka(samkalpaka)」です。ただ分別するだけでなく「決定」「確定」「意思」のはたらきを含む思考をあらわす言葉です。マナスが「意」と訳されることが多いのも、このためです。快不快、いい悪いと感じていることを頭の中で言語化しただけの「意」ではなく、「ただの feel 」から少し距離をおいた、より think に近い「意」です。
最後の一行は、たいへん自然主義的な考え方をするサーンキヤの思想を象徴するものです。
「グナの展開のしかたや転変のしかた」の箇所は、元の語は「parinama」のひとことです。予想通りに変わることも逆の方向に変化することも含んでの「変化」を指しています。日本語の感覚では「変わる」という語を大きく捉える傾向があるため、微細な変化も包括させるべく、このようにしました。
文末の箇所を「一律ではない」としたのは、現代の日本人向けのセレクトです。「さまざまです」「多様です」などの訳にすると、そのひとことで片付けてしまわれることが多いであろうと想定し、「一律ではない」としました。

(文字列としては「一様(いちよう)」ではない、にしたかったのですが、語感的に思う方向とは逆の方向でポエム色が出てしまうので、「一律ではない」としました)

 

<用語メモ>

両方を自然に持ち合わせている、両方が本質的に存する(ubayatmakam / ubaya+atmaka)
思考器官(manas)
それら、そのとき、この場で(atra)
マナス、マインド(manah)
分別したり確定する思考の原理、決定力のある、決意する行為、審議が可能な(sankalpaka,samkalpala)
器官(indriya)
同じであること、本質が同じであること、同じ信条にある、価値が同じであること、一般的な資産(sadharmya)
グナ(guna)
展開、転変(parinama)
特別な、特殊な、特異な、豊富な、妙な、変わった(visesa)
雑多であること、さまざまであること、多様であること、多様性(nanatvam)
外の、外部の(bahya)
種類、種目、種(bheda)

★サンカルパ(sankalpaka,samkalpala)は英語で
reflecting,purposing,pondering,wishing,determining,well discriminating,deciding などの多くの語が該当します。

 

バガヴァッド・ギーターでは以下の節でサンカルパという言葉が使用されており、上村先生の訳では「意図」、辻先生の訳では「意欲」という語があてられています。
(参考)以下全て上村勝彦訳

【4章19節:BG4-19】
彼の企てがすべて欲望と意図(願望)を離れ、彼の行為が知識の火により焼かれているなら、知者たちは彼を賢者と呼ぶ。

 

【6章2節:BG6-2】
放擲(ほうてき・サンニヤーサ)と言われるもの、それをヨーガと知れ。アルジュナよ。というのは、意図(願望)を放擲しないヨーギンは誰もいないから。

 

【6章4節:BG6-4】
実に、感官の対象と行為とに執着せず、すべての意図を放擲した人は、ヨーガに登った人と言われる。

 

【6章24節&25節:BG6-24】
意図(願望)から生じた一切の欲望を残らず捨て、意(こころ)よにより感官の群をすべて制御し、(24)
堅固に保たれた知性により、意を自己(アートマン)にのみ止めて、次第に静寂に達すべきである。(他の)何ものをも思考すべきではない。(25)

 

▼次の節へ

▼インデックスへ