読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まろやかインド哲学

専門性よりも親しみやすさを優先し、インド思想をまろやかな日本語で分解演習します。座学クラスの演習共有のほか、インド六派哲学のサーンキヤとヨーガの教典についてコメントしながら綴ります。

停止したプラクリティを、プルシャは観客のように眺める

サーンキヤ・カーリカー 第65節・その注釈で述べられていること

それにより、
生み出すことをやめ、目的による7つの様体をとらなくなったプラクリティを
プルシャは観客のように、落ち着いてくつろいで眺めます。

 

<「サーンキャ・カーリカー」内でのこの節>
解脱にいたる段階のプルシャ側のスタンスを述べています。


<日本語化の意図メモ>
「意味・目的+義務・義理 / artha+vasat」のところは日本語化するのがたいへんむずかしいのですが、正確さと冗長さのバランスがむずかしいのでエイヤッで「目的による」としました。
観客のところは、第59節のダンサーの喩えの流れにあわせました。

<用語メモ>
これによって、それによって(tena)
やめる、鎮める、なくする、帰す(nivrtta)
生む、生産する、子孫(prasava)
意味・目的+義務・義理 (artha+vasat)
7つの様体(sapta+rupa)
とどまる+~をやめる、~を鎮める、~をなくする、帰す(vinivrtta)
プラクリティ(prakrtim)
観る、観察する、眺める(pasyati)
プルシャ(purusah)
思慮する、見る+~のよに(preksa+kavad)
安定し、安住し、落ち着いて(avasthitah)
快適に、くつろいで(avastithtah)

 

▼次の節へ

▼インデックスへ