マナス(思考器官)

サーンキヤ・カーリカー 第27節・その注釈で述べられていること マナスは知覚器官・行為器官の両方の性質をもっています。マナスのもつはたらきは、なにかを分別したり確定する「思考の原理」で、知覚器官が感覚をもちあわせるものと同様に備えているという点では、思考する器官(思考器官)といえます。器官のはたらきが…