まろやかインド哲学

専門性よりも親しみやすさを優先し、インド思想(インドの視点)をまろやかな日本語で分解演習します。座学クラスの演習共有のほか、サーンキヤとヨーガの教典についてコメントしながら綴ります。

宗教の学びかた

この文章を書いたのは20229月の第2週目で、最近のハタ・ヨーガのクラスの前に話したことを振り返って文章化しています。

普段はなるべく時代の空気をまとわない題材を選んでいるのですが、このトピックについては読み返したときに現在の日本の世相・空気が紐づいてくると思うので、冒頭に時期を記載しました。

 

ここ二ヶ月ほど、日本ではカルト組織(具体的には旧統一教会)の問題が毎日のようにニュースに取り上げられています。問題は組織の集金システム、外国と繋がった組織体、政界への人材奉仕&票数獲得とトレードオフで得る看過、自らの意思で入信したわけではない子ども(二世)の人権、社会のなかで居場所を感じられない帰属意識の問題など、太いものがいくつも複雑に絡み合っています。

 

わたしはもうひとつのブログ「うちこのヨガ日記」で、この二ヶ月の間に何度か、自分の過去の経験を書いています。

 

 

わたしは宗教について知りたくなったら、教義が書いてある本(経典や聖典)を読みます。

そのうえで、日本社会のなかでどんなふうに宗教の知識が取り扱われていくのがよいと思っているか。この日はわたしの経験から考えたことを話しました。

 

宗教と神話学

この日は参加者のなかに、少し前に「ギリシャ神話を読みはじめた」と話してくださっていた人がいらしたので、わたしからそのかたへ「入りやすい本、読みはじめやすいシリーズはありますか?」と質問するところから話がはじまりました。

 

ギリシャ神話については小学生の頃に見たプラネタリウムでの知識しかなく、神様の名前以外はあまり覚えていません。アキレス腱の由来になった話や前髪を掴む話、ナルキッソスの泉の話くらいは、ざっくりその喩えの意味するものだけ知っている程度ですと話しました。

この日は神話や聖典・聖書との接点について話したくて、旧約聖書新約聖書、あるいはキリスト教に関しては聖書が40以上あってあまりに多すぎるので、小説やダンテの神曲のような物語から入っています、という自分のスタンスを話しました。

 

物語を通して宗教に関心をもった最初のきっかけが、子どもの頃に見たテレビドラマの西遊記だったことも話しました。

わかりやすい勧善懲悪ではなく、妖怪の背景と事情にも焦点があてられ、最後は仏法に救われる。毎回繰り返されるこの物語に惹かれた理由がわかってきたのは、大人になって何十年も経ってからだった、というわたしの振り返りを話しました。

 

 

インドで自分の宗教観を話したときのこと

10年前にインドでヨガのティーチャー・トレーニングを受けていた頃、わたしはいろんな国の人から自分の宗教観をきかれ、その都度返答していくなかで自分の意識が整理されていきました。その時のことを、以下の例も含めながら話しました。

 

  • あなたはブッディスト? ときかれれば、わたしはとても尊敬している偉大な僧がいて(空海さんです)、その存在を事あるごとに想っているけれど、その僧が開いた宗派の信徒としてどこかの寺院やグループにコミットしているわけではないこと。

 

  • 日本では儀式として生まれたときや年末年始は神道(お宮参りや初詣)、結婚式はキリスト教、葬儀は仏教というふうに、ごちゃまぜである人が多く、どれか一つの瞬間を見てこの人はこの教義の信仰者だと判断できるものではないこと。

 

  • イタリア人でクリスチャンのルームメイトと輪廻転生についてどのようなイメージで話(授業)を聞いているのかを話したときに、ルームメイトは肉体を持った「復活」の刷り込みがあるので、その感覚が違うのだろうと話してくれたこと。

 

 

物語をたくさん知ること

先に経験を書いたインドでの合宿生活のなかで、特にヨーロッパから来ている人たちの間で、聖書や神話のエピソード、哲学者や賢者の人物名が出てくるのを見て、自分にはその共通知識がないことに気づきました。

思想の共有のしかたについて、このときに初めて「物語」の存在を意識しました。

日本人同士であっても古事記や日本書記のエピソードを共通の喩えに引っ張り出すことは珍しく、どちらかというと民話に近いものを共有することが多いです。

 

わたし個人が様々な宗教の教典・経典・聖典を読んで学ぶことと、物語と思想の共有のしかたについて切り分けて考えていくようになったのは、このときの経験が大きく影響しています。

この日のヨガクラスでは、冒頭でギリシャ神話や西遊記の話をしましたが、自分が興味を自然に持った物語から少しずつ範囲を広げていって、比較宗教学的な視点で触れていく。現代的なやりかたとして、それがいいんじゃないかという考えを話しました。

 

 

還暦になったときに、自分の視点が落ち着いた状態であるために

この日は参加者が同世代くらいまでの人に見えたので、これからの学びのイメージも話しました。

世界はもうとっくに繋がっています。宗教や信条について推測・想像するための幅広い基礎知識は、これからますますごちゃ混ぜになっていく世界のなかでは、基礎体力としてあったほうがよいでしょう。

冒頭でギリシャ神話や西遊記の話をしましたが、いまからでも “自分が自然に興味を抱いた物語” から範囲を広げていって、宗教について知っていくスタンスをとっていくのがよいと思っています。

 

宗教は死生観との結びつきが強いので、年配の人が病気をきっかけに近づいていくことがありますが、現在のわたしは死生観に強い関心があるわけではありません。それより、なぜ世界に信仰というものがあるのかに興味があります。

これから年齢を重ねていくなかで、世界のニュースがさらに複雑化した状態で入ってきても、わたしにはわたしの見かたがある状態でいられるようにと思っています。

 

 

この日はこんな話をしました。

あなたはどう考える? とヨガの先生から問われたときのこと

先日、わたしが主催する読書会の冒頭で、初めてヨガを教わった先生の話をしました。
その先生は流暢な日本語を話す、インドのコルカタからやってきた先生で、客観的な視点から教えてもらう日本の歴史はとても興味深いものでした。(先生は昨年他界されました)


先生は政治や社会情勢についてよくお話をされていて、なかでも日本社会特有のあることについて、事件が起こるたびに「あなたはどう考える?」と生徒に訊いていました。

日本社会特有のあることというのは、

 

 


  責任能力を問えないという結論に着地する
  無差別殺人のような事件

 

 


先生は「また犯人の頭がおかしいことにして終わりにした。それでいいと思うか。あなたはどう考える?」と。


わたしはこのことについて、ヨガ教室に通い始めるまで考えることを避けてきました。
なんなら、”頭がおかしい” の定義がはっきりしてくることで、長期的に見たら安全性が高くなるのではないかとすら、ぼんやり思っていました。深く考えもせずに、犯人を別の生物のように見ていました。
この最初のヨガの先生が、わたしのそのような思考に気づかせてくれました。

 

その後わたしはインドへ行き、別の学校のティーチャー・トレーニングを受けました。
そこでは哲学のディスカッション授業が毎日あり、数ヶ月を過ごすうちに自己についてさらに考えるようになりました。
それまでのわたしのヨガは、なるべく医者にかからず健康でいるに越したことはない、強い身体で年齢を重ねていこうという意識で、心の仕組みのほうへはそんなに関心が向いていませんでした。
それまでずっと、ヨガの練習の後の心身の清々しさだけを理由にヨガを続けることができていました。

 


ヨガの心理学をインドで学んだのは、最初の先生のところでヨガを習い始めてから8年後のことでしたが、事件について個人の考えを問う先生から、ヨガを始めた時点で種を撒かれていました。


この話は、ずっと忘れていたことでした。
先日わたしが行った読書会の課題図書が「事件」を取り扱うものだったので、開催前日に急に思い出し、冒頭でこの話をしました。

やり残し(backlog)や集合的無意識とどう向き合うか

2020年に受けたオンライン講座の内容からの掘り下げです。
このシリーズは毎週1回の開催で、合計6回の講座でした。
シャルマ先生と話すのは1年ぶりでしたが、毎回のように現代の心理学者や僧侶の名前が出てきたため、2020年と2021年はこの講座のノートを追いかけるようにフロイトユングの本を読んでいました。(映画もおもしろかったですよ!)

 

このブログの「インド授業の小話」では、わたしの授業ノートの題材を取り上げています。
シャルマ先生の授業はわたしの英語力と予備知識では少しむずかしく、毎回あとから日本語の本を読んで理解を補う必要があります。

講義の中に出てくる人物名は、そもそも聞き手がそれを人物名だと知っているか、なんとなく聞いたことがないと推測できません。さらに、わたしのヒアリング能力では聞き漏らします。
先生の英語はインド訛りで、興が乗ってくるとそれがどんどん濃くなります。サッカーゲームが「そっかるげー」と聞こえたりして、途中でふと、「フットボールって言わないんだ」と気づく。授業中のわたしの頭の中はこのように、言語野が複雑にフル回転します。
同時にティーチャー・トレーニング時代のルーム・メイト(イタリア女子)から英語で「ちょっとー! 元気してたー? あたしよー!!!」とチャットでどしどし話しかけられるというティーンのような雑音もあり、とにかくわたしは受けている授業は、頭がてんやわんやです。

 

 

この講座のノートを見返すと、インドの聖人以外の名前では、フロイド、ユングカール・ロジャースアブラハム・マズロー、ティク・ナット・ハンといった人物の名前が登場しています。
わたしがヨーガの哲学を教わったシャルマ先生は「ヨガはセラピーだから」の背景を、いろんな角度からユニークな話の流れで教えてくれる先生で、このことについては「うちこのヨガ日記」の以下の後半で少し触れました。

 

 

前置きが長くなりましたが、このように様々な心理学者の考え方と照らし合わせながら「ヨーガはセラピー」であることを教えてくれる先生が、こんな話をしてくれたことがありました。

やり残し(backlog)や集合的無意識、very complexed phenomenon(メンタルの超複雑化)とどう向き合えばいいか、という話からはじまる授業でした。

 

この授業のなかで、先生がこんなお話をしてくれました。

サイコセラピスト(心理学者)は、二人の人間の間に、なにか「道具」をおくことがあります。
たとえば、カール・ロジャースは「無条件の愛(unconditional love)」をおきました。
それでクライエントは、自分らしさ(own way of thing)を見つけます。
【この部分について、先生は何度かの繰り返しのなかで unconditional regard love という言い方もされていました】

 

フロイドも、「道具」を使いました。カール・ロジャースはフロイドのサイコセラピー(精神療法)に新しいアイデアをもたらしました。
サイコセラピストはファシリテーターで、このファシリテートが「スペース」*1をつくるのです。


ヨーギーは、
ノー・ジャッジ(決めつけない)、ノー・リアクション(反応しない)の瞑想を道具にします。

 

この講座は串刺しテーマが「カルマ」なので、授業ではここからエゴ(i-ness)と do-re-ship あるいは、”エゴについてその所有者意識を持っていること”、という話へ進んでいったのですが、これはこれで壮大なトピックなので、このテーマでの書き起こしはここまでにします。

 

最後に。

今日のトピックの理解を助けてくれたのは、2021年12月に読んだこの本でした。


カール・ロジャースの精神療法について知らないと、今日書いたノートの部分を言語化できないと思ってきたなかで、たまたま書店で手にとって買ったこの本が大きな助けになりました。
他人の話を聞く方法を教えてくれる本でありながら、同時に自分の声を聞けないマインドについても教えてくれます。(著者はカール・ロジァース研究所に留学されていました)

 

今日書いたトピックの部分で、シャルマ先生のお話の引用部分にカッコ書きで記載した【この部分について、先生は何度かの繰り返しのなかで unconditional regard love という言い方もされていました】という部分の regard がずっと気になっていたのですが、東山紘久先生の本を読むことで、それは「LISTEN せよ、ASKするな」ということかと、その理解の参考にしました。

*1:複雑化してギュッと渋滞した精神にスペースをつくる、という意味とわたしは理解しましたが、「客観視の余裕」というような意味かもしれないとも思っています