まろやかインド哲学

専門性よりも親しみやすさを優先し、インド思想(インドの視点)をまろやかな日本語で分解演習します。座学クラスの演習共有のほか、サーンキヤとヨーガの教典についてコメントしながら綴ります。

三本柱でバランスする トリダンディ

ハタ・ヨーガの経典に残されている記述について、一年前にヨガクラスで話した内容がいまでも強く印象に残っていているとおっしゃる人がいて、あの話はそんなに印象的であったか…と思い、あらためてそのときに参照した経典も含めて見直しました。
わたしが社会生活を送っていくうえでとても気に入っている「三本柱の者・トリダンディ」というありかた。
自分で自分のバランスをとり続けていくことを考えるきかっけとして、とても有益に感じられたのでヨガクラスで話したのですが、ここであらためて紹介します。

 

ハタ・ヨーガの経典にはさまざまなものがありますが、そのときは「Siddhasiddhaantapaddhatih」の中にある節を紹介しました。
この経典は最終章でさまざまなヨーギーの在り方(態度やスタンス)をリストアップしています。
その一連の流れの中に、ブラフマチャリヤ(独身者のヨーギー)、グラハスタ(在家のヨーギー)、ヴァーナプラスタ(隠遁者のヨーギー)とはこのような人であるよという生活スタイル別の記述があったのちに、サンニャーシ(行者)のありようとしてさまざまな宗派(の信じているもの)の記述が続きます。
その始まりが、以下の順番になっています。

  • トリダンディ(6章37節)
  • エカダンディ(6章38節)


わたしはこの経典の中にある「トリダンディ」の節を読んだときに、その内容が自身の腹にストンとおさまる感じがあって、ある日のヨガクラスで紹介しました。
書物にはこのように残されています。以下はわたしの日本語訳です。

「無知(マーヤー)」と「行為(カルマ)」と「ただ存在することの足かせ」を中断なくコントロールし、岩のように動かぬ者はトリダンディ(三本柱の人)といわれる。

三本柱のところは「tri+dandha」で三つの棒」(ダンダーサナのダンダ)なので、三つの支えでバランスする者というふうにイメージするとより日常に落とし込みやすいです(ヨガクラスではジェスチャーを交えながら話しました)。

 

この経典(Siddhasiddhaantapaddhatih)のこの部分は、さまざまな教派の教えを淡々とリストアップしていく構成になっています。
掘り下げて補足すると、この節はサンニャーシ(行者)の種類のリストアップ。トリダンディはヴァイシュナヴァの行者を、エカダンディはマーヤーヴァーディーの行者を指しているという説明になるのですが、いずれもヒンドゥー教の宗派の一つです。

ヴァイシュナヴァ派については、その宗派の教えを信仰する人物としてガンディーやタゴールという名前を挙げれば、それがいかに現実社会に落とし込みやすい教えを含んだものであるかがわかりやすいかと思います。
以下の本に参考になる記述がたくさんあります。

ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)

ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)

 

ハタ・ヨーガの経典はたくさんあり、それぞれに特徴があります。現代の感覚で読むと理解しにくい内容もあるのですが、このようにとりあげて紹介したくなる宝物のような記述もあります。
わたしがヨガクラスで古くからの教えについて話すときは、いまわたしが生きている日本の社会生活と練習の経験から超越しすぎない距離感で伝えていきたいと考えているので、いまは練習の前後にちょこっとお伝えするようにしています。

身近な人の習慣を嫌うのは同一視によるもの

ヨーガ・スートラの第1章1節~4節の説明する授業の中で、心のはたらきについて、先生が日常の事例で話をしてくれました。
心のはたらきの「はたらき」の部分はサンスクリットでは vrtti. シャルマ先生は英語で behaviour という言い方で話されていました。
心のはたらきはいつも「なにか新しい対象」を求めていて、「新しい対象」がなくなるとネガティブな面が出てくる。記憶は「心のはたらきの反応」だと話されていました。

わたしはこれらの話の中で、ヨーガ・スートラの第1章4節で述べられる「自己との同一視」について、先生が挙げられた事例がとても印象に残っています。
以下を、Identification with behavioues.(心のはたらく対象と自己の同一視)の事例といってお話されていました。

 

  • うちの子が優秀なのは、先生がいいから
  • タバコを吸う友人の習慣を嫌うのは、自分と友人を同一視するから
  • もし不死の世だったら、死者を敬うこともない


ここではわかりやすくするために「もし不死の世だったら、死者を敬うこともない」を最後に書きましたが、授業ではこれが先に話され、生徒は「???」となるのだけど、ほかの事例と照らし合わせてみていくと、同じこと(心のはたらきのメカニズム)についてを話していることがジワジワわかってくる、そういう流れでした。
同一視=悪い状態、という意味ではなく、同一視=自己が自己をみている状態ではない、ということ。

 

このあと先生はもうひとつおもしろい事例をあげていました。そのときにその場にいた髪の長いTATOさんという男性を見ながらこんなふうにおっしゃいました。

  • TATOの長い髪はすてきね、と誰かが言ったとする。TATOは髪を切るのをやめようと思う。

たしかにこれも同一視なのです。

シャルマ先生の授業は話の順番や構成が示唆に富んでいて、7年後にノートを読み返しながら唸ることがいまでもあります。
授業を受けながら自分が理解力のある生徒であろうとして、「お勉強」と「自己」を同一視して、「勉強をしている自分である状態」に、自分自身が反応し続けようとしていた。これは何年もあとになって気づいたことです。

偏ったり保守的なふるまいのモードから抜け出すこと

ヨーガ・スートラの第1章2節について、インドで受けた授業のノートから、先生のお話が今になってずっしりくる。そんな振り返りをかねての紹介です。
ヨーガ・スートラの第1章2節はこの節です。

 心の作用を止滅することが、ヨーガである。(参考

この「作用」にあたるのが、サンスクリットでは vrtti という語。


授業ではこの vrtti について分解し、先生が別の言い方で話してくれました。授業は英語だったのでわたしのほうで日本語化して書いています。

 偏ったり保守的なふるまいのモードから抜け出すことが、ヨーガである。(先生談)

偏り、保守的と訳したところは biased と reactionary 、ふるまいと訳したとことは behaviour.
vrtti というのは心の修正・変更作用だという話をしてくれました。

 

この授業を受けてから8年になりますが、授業のノートの内容が年々ずっしりと響くようになっています。
先生が言い換えて話してくれたこの教えは、ぼんやりとニュース情報を追っているときに陥りがちな心のモードにそのまま当てはまります。