まろやかインド哲学

専門性よりも親しみやすさを優先し、インド思想(インドの視点)をまろやかな日本語で分解演習します。座学クラスの演習共有のほか、サーンキヤとヨーガの教典についてコメントしながら綴ります。

とぼけたふりをしながら、ちゃっかり選んでいるわたしたちのこと

2020年の6月現在、8年ぶりにシャルマ先生の授業をオンラインで受けています。
インドの先生が話す英語を即座に理解できる人ならリアルタイムで爆笑できることも、わたしはあとで辞書を引きながら何時間もかけて自分のメモを訳していくことで、やっと理解します。


その日はヨーガの哲学と心理学をベースに「願望&本能」V.S.「意思&意志」の闘争(先生はジレンマでなくコンフリクトという英語を使われていました)についてレクチャーがあり、事例を交えながら話されたあと質疑応答にうつりました。
その質疑応答がとてもおもしろく、ひとことでいうと「とぼけるな」ということなのですが、先生はこんなふうに回答します。


ある人が、授業の中にあった事例の一部を取り出して「願望が満たされていない限り、啓示は役に立たないということでしたが…」と質問をし始めて、先生が「待て待て待て。それは疑わしい(そんなことは言ってない)」と話す一幕がありました。
たしかに「こういう書いてある書物もある」という事例とともにそのフレーズが授業の中に出てきたけれど、どうやら質問者が確認したい文脈は先生の意図と違うようです。質問者は「まずは願望を満たすべきなのだ」の、「まず」を確認したいみたい。
そのとき先生はこのように話しました。

 

 

わたしはショッピング・リストの話をしたのではありません。区別する心理について話しました。
ひとつヒントを出しましょう。たとえば水。ここにインドの水があります。これを飲めば下痢をします(笑いが起こる)
あなたが水を飲みたいと思うときの水は、これではないですね。フィルターされた水でしょう?

 

 

そもそも前提としている条件すらも実はちゃっかり選んでいるもので、そこにも願望はあり、そういう願望を見くびるなという話をされていたのだと、このやりとりから理解を助けてもらいました。

 


このあと、別の人がこんな質問をしました。

「それが願望なのか願望ではないのか、わからないことがあります。たとえば今日、先生が事例でお話しされた、チョコレート。わたしはチョコレートを選んで食べたいと思ったわけでなく、でも食べる。そういうことがあります」


この質問者の話を聞きながら、わたしはまるで友だちが話しているように感じました。「なんか食べた、というような感じのときもある」というような話し方で、とてもチャーミング。
その人に先生はこのように返答しました。

 

 

うん。そうだね。
ところで、チョコレートを食べて、ライスを食べないのであれば?

 

 

ニヤリとする先生。やさしい笑いが起こりました。
聴いている間は集中力を200%稼働しないとわからないので緊張するのですが、やはりとても楽しい授業です。

クンダリニーについての、さまざまなハタ・ヨーガ教典内の記述

このページでは、いくつかのハタ・ヨーガの教典内にあるクンダリニーに言及した記述を抜粋しています。
クンダリニーという記述のある個所のみで、「彼女は」「かの女神は」のような代名詞表現の箇所は入れていません。代名詞や暗喩を含めると記述は多岐にわたります。

ひとつの節のみでは意味のまったくわからないものは、その前の節も抜き出しています。

以下の本を別のブログで紹介するにあたり、補記としてこのページをアップしました。

uchikoyoga.hatenablog.com


ここでは以下の3つにわけて表にしています。

  • アーサナ・ムドラーの説明のなかで言及されているもの
  • クンダリニーの座す位置やチャクラ、神話と紐付けて述べているもの
  • ハタ・ヨーガの修行、瞑想の状態と関連付けて述べているもの

 

出典の省略名称

英文書籍についてはわたしが自分で読むために日本語化したものを記載しています。

 

アーサナ・ムドラーの説明のなかで言及されるもの

章と節 内容
HP 1.26 【マッチェーンドラ体位】右足を左のモモのつけ根に引きつけ、左足は右ヒザの外側におき、それを<右手>でつかんで上体をねじる。これが聖者マッチャナータの説いた体位である。
HP 1.27 【マッチェーンドラ体位の効果】マッチェーンドラ体位を毎日修習するならば、消化力を強め、耐えがたい病気の集団を破ることができる。また、クンダリニーの覚醒を促し、月を安定させる。
HP 2.74 三界において得られないものは一つもない。ケーヴァラ・クンバカをもって、任意にイキを止めることができるひとには。
HP 2.75 ラージャ・ヨーガの段階に達する。このことは疑問の余地がない。クンバカによってクンダリニーが覚醒する。クンダリニーの覚醒によって。
ゴS 2.63 スカーサナを保持し、外側へ向かう意識を内側に向け、目は下を見る。意識をクンダリニーに集中させる。(それにより)罪から解放される。
HP 3.103 シャクティ・チャーラナ・ムドラー】クティランギー、クンダリニー、ブジャンギー、シャクティ、イーシュヴァリー、クンダリー、アルンダティ等はすべてシャクティ・チャーラナの同義語である。*1
HP 3.104 あたかも力をこめて、鍵に扉をあけるように、ヨーギーはクンダリニーを用いて解脱の門を開くべし。
HP 3.105 かの至高なる女神(クンダリニー)は、かの無病なる梵の座処(ブラハマ・ランドラ)に行くべき道の入口を顔面でもってふさいで、眠っている。
HP 3.106 クンダリー・シャクティはカンダの上方で眠っている。このことは、ヨーギーにとっては解脱の因となり、痴人には束縛の因となる。
HP 3.107 クンダリニーはとぐろを巻いていて、蛇のようだといいはやされている。このシャクティを動き出させたものは解脱者となること疑いなし。
HP 3.108 ガンガーとヤムナーの両河の中間にいる若い女苦行者を力ずくで捕えるべし。そのことがわれらをヴィシヌの至高処へみちびいてくれるのである。
HP 3.109 聖なるガンガー河とはイダー気道のことであり、ヤムナー河とはピンガラ気道のことである。イダーとピンガラの中間に居る若い女とはクンダリニーのことである。
HP 3.110 この眠っている蛇を、尾のところでつかまえて、よびさますべし。そうすると、彼女は眠りをすてて、強引に上方へのぼり始める。

 

 

位置やチャクラ、神話と紐付けて述べているもの

章と節 内容
HP 3.1 【クンダリー】山や林のある大地のすべてを支えているものが蛇の主神アナンタであるように、すべてのヨーガ行法を維持しているものはクンダリーである。
HP 3.2 グルのめぐみによって、眠っていたクンダリーが目覚めた時、その時にこそすべての蓮華と結節とは突き破られる。
シS 2.21 【(3)下腹部】肛門のニ指幅だけ上方、性器のニ指幅だけ下方に、四指幅の広さをもった、アーダーラ・チァクラがおさまっている。
シS 2.22 このアーダーラ・チァクラ蓮華の花心の上に、どのタントラ教典でも極秘とされているところの、美しさに輝く三角形の胎宮がある。
シS 2.23 その胎宮のなかに、電光の閃きの形をした至高の女神クンダリーがまします。三巻き半のとぐろを巻き、スシュムナー気道の入口にひかえていられる。
シS 5.78 【ムーラダーラ・チャクラ】肛門から二指だけ上方で、リンガ(男根)の下一指のところに、どの面も四指幅である球根に似たものがある。
シS 5.79 肛門と性器の間に、顔を背後に向けたヨーニ(座)がある。このなかにサマとよばれる球根があって、そのなかにかのクンダリニー神がいつも住んでいる。
シS 5.89 この蓮華の中央にあるヨーニ(花心)にクンダリニー女神がまします。この女神の上できらめいている光明がカーマ・ビージァとよばれるものである。
シS 5.163 かのムーラダーラ蓮華からこのブラハマ・ランドラまでの間に、スシュムナーのシァクティであるクンダリニーが常におられる。スシュムナー気道のなかにあられるシァクティはチトラーとよばれることになる。わが愛する妃よ、わが意見では、ブラハマ・ランドラ等はこのチトラーのなかにあると想定すべきである。
ゴS 2.64 アドハーラは第一のチャクラ。4つの花弁を持ち金のような輝く色をしている。意識をクンダリニーに集中させる。(それにより)罪から解放される。
SSP 2.3 第3はナービィ・チャクラ。5回転したヘビの形をしている。その真っ只中にあるまばゆい日の出に似たクンダリーニ・シャクティを瞑想する。中心のシャクティにはすべての成就がある。
SSP 4.14 【ヴァーマケシュヴァラタントラについて】シャクティのないシヴァは何もすることができない。自らのシャクティを伴ったとき、すべてのあらわれを創造することができる。
SSP 4.15 よって限りない力であるパラメーシュヴァラは、すべて自らによるあらわれであり、すべての目に見えるものの存在として知られる。シッダはパラーパラとしてあるクンダリニーの自性を認識しているゆえに、シッダは身体の知識を熟知している。クンダリニーには覚醒と休眠のふたつのフェーズがある。休眠したものはそれぞれの体の中に意識として存在する。世界の現象、さまざまな悩み、機能と結果をつくる。このクンダリニーはひずみの存在としてよく知られる。変乱を抑制することを知る勤勉なヨーギーは、その傾向(クンダリニー)が存在していること、上向き・上昇のときがわかる。
SSP 4.16 【上向きの意味】クンダリニーはすべてのあらわれの物質的原理。ゆえにヴィマルサ・ルーピニー(知識の自然)として、ヨーギーの自らの真の自性をすることを助けるものとしてよく知られる。

 

 

ハタ・ヨーガの修行、瞑想の状態と関連付けて述べているもの

章と節 内容
HP 4.10 【ハタ・ヨーガと三昧】種々のアーサナ、さまざまなクンバカ、いろいろな作法によって、かの偉大なシャクティが目ざめた時にはプラーナは虚空のなかに消え去る。
HP 4.11 ヨーギーにして、そのシャクティクンダリニー)の覚醒が起り、すべての業作(しわざ)を捨て去ったならば、彼にはおのずから忘我の状態が発現する。
HP 4.12 プラーナがスシュムナー気道のなかを流れ、こころのはたらきが虚空のなかに埋没した時には、このヨーガの達成者はすべての業作の根を絶ってしまう。
HP 4.19 気は行者によって修練された時に、消化の火の助けを借りてクンダリニーを目ざめさせることによって、難なくスシュムナー気道のなかへ入ることができる。
HP 4.20 かくて気がスシュムナーのなかを流れていく時にマノーマニー心境が成立する。さもないのに、他の種々の修練をするのはヨーギーにとって疲労をもたらすだけである。
HP 3.120 梵行(禁欲)を楽しみ、いつも健康によい食物を節度を守って摂るところのクンダリニー練行者は四十日にして霊力の発現を見ることができる。
HP 3.121 クンダリニーを動き出させてからは、バストラー(バストリカ)調気法を特に盛んに行なうべし。いつもこのように修習するヤミー(ヨーギー)には、どうしてヤマ(死神)に対する恐れがあり得ようか。
HP 3.122 七万二千本の気道のあか(垢)を清掃するには、クンダリニーの修行以外に、どこに掃除の仕方があろうか。
ゲS 6.01 ディアーナの種類】ディアーナには(1)粗大なディアーナ、(2)光明のディアーナ、(3)微細なディアーナの三種類があると知られている。有形のもの(例えばグルや神々)を観想するのは粗大なディアーナとよばれ、光明から成るもの(例えば梵やプラクリティ)を観想するのは光明のディアーナよばれ、ビンドゥ(象徴的な音または文字)から成るもの(例えば梵またはクンダリニー)を観想するのは微細なディアーナとよばれる。
ゲS 6.18~19 【微細なディアーナ】チァンダよ、汝は光明のディアーナを学び終わった。次に微細なディアーナについて説こう。大きな幸運の力で行者のクンダリーが目覚めるに至った時、クンダリーは行者のアートマン(真我)と結んで眼の穴から出て、王道を散歩する。ただし、動きの速いために眼には見えない。<大きな幸運というのはグルの恩恵をうけることである(ゲS 7.01参照)>
ゲS 7.01 6.18~19に関連して【サマーディ・ヨーガ総説】サマーディは至上のヨーガであって、大いなる幸運によって得られる。つまり、グルに対する信仰に基づいて、グルの慈悲と恩恵によってこそ到達できるのである。
シS 5.167 気道の全体は八重に封鎖されている。かのクンダリニー・シァクティだけがランドラ(洞穴)を打開して下さる。その他の仕方はない。
シS 5.168 すべての気道に気がいっぱいにつめこまれた時、クンダリニーは、そのとぐろを解いて、スシュムナーの入口から顔を出される。*2
SSP 1.7 そののち、微細シャクティがアパラーシャクティとは区別を立てるかたちで展開する。そののち、感覚意識のある生命力であるクンダリニーシャクティが現われる。
SSP 1.14 また、5つのグナによる5つのシャクティによって、ニジャー・パラー・アパラー・スークスマー・クンダリニーのようなシヴァの至高な形へと展開していく。
SSP 4.20 つねに不安定で揺れるジーヴァートマーを保持する力があり、自ら輝き真の自然な存在は マデャ(中間)・シャクティ・クンダリーニ と呼ばれる。偉大なシッダ(達人)は、粗大体・微細体の中にそれがあるものを認識するから、ほんとうだ。
SSP 4.21 【粗大さ。形を持つこと、形をとること】クンダリニーは、感覚で認識するすべての物質の源になる形をもつものとして知られ、自身で感覚認識を持ち、さまざまな感覚認識の物質に浸透する意識という形で存在する。また、自ら拡がり、明確に拡がっていく興奮がヨギに起こるのも同じクンダリニー。それが目覚めたとき、彼女は偉大なシッダ(達人)たちの思想の中にある(信じている)、形のないものを宣言する。
SSP 4.22 真実の要素について(述べ)はじめる。クンダリニーは創造する存在の原因で、ふたつの状態がある。ひとつは形のあるもので、それはすべてのものから経験される。
SSP 4.23 もうひとつは、すべての形にならない、微細なあまねくあるもの。拡散をこえ、拡がるもの。それはこの区別を認識しないという信念(認識しないという確信)によって惑わされる。
SSP 4.24 それゆえ、形のない(微細な)自然の思考意識の至上の中間クンダリニーはヨギによって起こされるべきもの。自己自然の探求の中にあり、グルの口伝についていくことによって身体のコントロールをする。
SSP 6.86

シャクティに集中し基盤を圧縮し、火を起こして燃え上がらせることをムーラダーラで行った後、クンダリニーの場を覚醒させ頭頂まで持ってゆき投げ落とす。彼らのするそれは部分的な知恵。ニージャパダへは遠い。

 

このページのまとめはゴーピ・クリシュナ著「クンダリニー」という本にあった以下の記述を理解する補助のために抜き出しました。

 大多数の人は、人間意識から宇宙意識への飛躍がほんのひととびで、しかるべき導師の助けや精神的訓練により、敷居を一つまたいで小さな部屋から大きな部屋に移るような具合に、安易でかつ安全であるという考え方をしているようである。
 こうした誤った考え方は、しばしば信じやすい人間の弱点を利用して暮しを立てている無能な教師によってふりまかれている。彼らは自分にはヨーガの心得があり、弟子たちに積極的な効験を与える能力があるといいながら、人間進化の学としてのヨーガが過去数百年全くすたれてしまっているという事実に気づいていない。
(120ページ クンダリニーの覚醒 より)

*1:シャクティ・チャーラナ・ムドラーは、ゲS 3.49~も似たような感じで記述されています。

*2:ゴS1.46~50も似たようなことが書いてありますが、クンダリニーが目覚める要因は知性で、それはマナス(マインド)とマルタ(プラーナ)が一体化することであると書かれています。

三本柱でバランスする トリダンディ

ハタ・ヨーガの経典に残されている記述について、一年前にヨガクラスで話した内容がいまでも強く印象に残っていているとおっしゃる人がいて、あの話はそんなに印象的であったか…と思い、あらためてそのときに参照した経典も含めて見直しました。
わたしが社会生活を送っていくうえでとても気に入っている「三本柱の者・トリダンディ」というありかた。
自分で自分のバランスをとり続けていくことを考えるきかっけとして、とても有益に感じられたのでヨガクラスで話したのですが、ここであらためて紹介します。

 

ハタ・ヨーガの経典にはさまざまなものがありますが、そのときは「Siddhasiddhaantapaddhatih」の中にある節を紹介しました。
この経典は最終章でさまざまなヨーギーの在り方(態度やスタンス)をリストアップしています。
その一連の流れの中に、ブラフマチャリヤ(独身者のヨーギー)、グラハスタ(在家のヨーギー)、ヴァーナプラスタ(隠遁者のヨーギー)とはこのような人であるよという生活スタイル別の記述があったのちに、サンニャーシ(行者)のありようとしてさまざまな宗派(の信じているもの)の記述が続きます。
その始まりが、以下の順番になっています。

  • トリダンディ(6章37節)
  • エカダンディ(6章38節)


わたしはこの経典の中にある「トリダンディ」の節を読んだときに、その内容が自身の腹にストンとおさまる感じがあって、ある日のヨガクラスで紹介しました。
書物にはこのように残されています。以下はわたしの日本語訳です。

「無知(マーヤー)」と「行為(カルマ)」と「ただ存在することの足かせ」を中断なくコントロールし、岩のように動かぬ者はトリダンディ(三本柱の人)といわれる。

三本柱のところは「tri+dandha」で三つの棒」(ダンダーサナのダンダ)なので、三つの支えでバランスする者というふうにイメージするとより日常に落とし込みやすいです(ヨガクラスではジェスチャーを交えながら話しました)。

 

この経典(Siddhasiddhaantapaddhatih)のこの部分は、さまざまな教派の教えを淡々とリストアップしていく構成になっています。
掘り下げて補足すると、この節はサンニャーシ(行者)の種類のリストアップ。トリダンディはヴァイシュナヴァの行者を、エカダンディはマーヤーヴァーディーの行者を指しているという説明になるのですが、いずれもヒンドゥー教の宗派の一つです。

ヴァイシュナヴァ派については、その宗派の教えを信仰する人物としてガンディーやタゴールという名前を挙げれば、それがいかに現実社会に落とし込みやすい教えを含んだものであるかがわかりやすいかと思います。
以下の本に参考になる記述がたくさんあります。

ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)

ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)

 

ハタ・ヨーガの経典はたくさんあり、それぞれに特徴があります。現代の感覚で読むと理解しにくい内容もあるのですが、このようにとりあげて紹介したくなる宝物のような記述もあります。
わたしがヨガクラスで古くからの教えについて話すときは、いまわたしが生きている日本の社会生活と練習の経験から超越しすぎない距離感で伝えていきたいと考えているので、いまは練習の前後にちょこっとお伝えするようにしています。