読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まろやかインド哲学

専門性よりも親しみやすさを優先し、インド思想をまろやかな日本語で分解演習します。座学クラスの演習共有のほか、インド六派哲学のサーンキヤとヨーガの教典についてコメントしながら綴ります。

講座のおしらせ「バガヴァッド・ギーターをうなりながらタテノリで読む会」(神戸開催)

神戸では毎年恒例のようになってきましたが(うれしい限りです!)、また読書会を開催します。

日本はインドと違ってカーストやヴァルナのような身分の仕切りは少ないはずなのに、ムードに合わせて空気を読んだり、優遇されるためのロビー活動的行動が常に求められるのが実状です。しんどいですね。
そんなわたしたちに、理不尽な状況の中でも己を保つ知恵がてんこ盛りの「バガヴァッド・ギーター」は実際読んでみると刺さる刺さる。ガンディーが心の支えにしていたというのも至極納得の聖典です。

ヨーガには興味あるけどぶっちゃけこういうの、よくわかんないのよね…って人にも、冒頭でこの書物の背景やシュローカという詩節などについて、概要を説明します。

どうぞ気負わずご参加ください。

 

  • 開催日時:2017年7月2日(月)13時15分~15時20分
  • 開催会場:神戸三宮駅から徒歩12分の会議スペース(申し込みのかたへ、ご案内メールをお送りします)
  • 参加費:3500円。当日会場でお支払いください。
  • 持ちもの:筆記用具、バガヴァッド・ギーター(どこの出版社のどの訳でもよいです)
  • 事前準備:事前にギーターを読み、刺さった or グッときた節をひとつ選び、6月23日(金)24時までに簡単な理由を添えてメールをください。選曲リクエスト感覚でかまいません。

 

ひとりで読むよりも、他人と読むことでなぜかグッと身近になる読書会です。

 

 ▼申し込みはこちらからどうぞ

参加申し込みフォーム(2017年7月 うちこの関西生ブログ)

 

▼バガヴァッド・ギーター 本のこと


▼対話型講座についての、ちょっとした思いはこちら


▼しきいは低く、でも主体的に。と考えて、こういう形になりました


 

▼申し込みはこちら

参加申し込みフォーム(2017年7月 うちこの関西生ブログ)

 

講座のおしらせ「バガヴァッド・ギーターをうなりながらタテノリで読む会」(広島開催)

日本はインドと違ってカーストやヴァルナのような身分の仕切りは少ないはずなのに、ムードに合わせて空気を読んだり、優遇されるためのロビー活動的行動が常に求められるのが実状です。しんどいですね。
そんなわたしたちに、理不尽な状況の中でも己を保つ知恵がてんこ盛りの「バガヴァッド・ギーター」は実際読んでみると刺さる刺さる。ガンディーが心の支えにしていたというのも至極納得の聖典です。

ヨーガには興味あるけどぶっちゃけこういうの、よくわかんないのよね…って人にも、冒頭でこの書物の背景やシュローカという詩節などについて、概要を説明します。

どうぞ気負わずご参加ください。

  • 開催日時:2017年7月1日(土) 10時20分~12時45分
  • 開催会場:広島電鉄「八丁堀」・並木通り近くの会議スペース(申し込みのかたへ、ご案内メールをお送りします)
  • 参加費:3500円。当日会場でお支払いください。
  • 持ちもの:筆記用具、バガヴァッド・ギーター(どこの出版社のどの訳でもよいです)
  • 事前準備:事前にギーターを読み、刺さった or グッときた節をひとつ選び、6月23日(金)24時までに簡単な理由を添えてメールをください。選曲リクエスト感覚でかまいません。

 

ひとりで読むよりも、他人と読むことでなぜかグッと身近になる読書会です。初体験のかたも、どうぞお楽しみに☆

 

 ▼申し込みはこちらからどうぞ

参加申し込みフォーム(2017年7月 うちこの広島生ブログ)

 

▼バガヴァッド・ギーター 本のこと


▼対話型講座についての、ちょっとした思いはこちら


▼しきいは低く、でも主体的に。と考えて、こういう形になりました


▼何回読んでも、インド人じゃないのに、日常に欠かせない一冊です

 

▼申し込みはこちら

参加申し込みフォーム(2017年7月 うちこの広島生ブログ)

座学のおしらせ「夏目漱石読書会『門』をインド哲学視点で読む会」6月・東京

夏目漱石の「門」を題材としたインド哲学視点読書会を東京で行います。

夏目漱石作品とヨーガのなかにある考え方の親和性では、フィジカル面なら「坑夫」、メンタル面なら「門」、これらの作品がおすすめしたい二冊。ヨーガに精神面でなにか支えられるような感覚があると感じている人には、自分自身とヨーガとの関係をあらためて振り返る要素があります。

日常に目を向けると、この小説には世の中で "頼られる側や "板ばさみになる立場が増えてくる30代中盤からの人生に、静かに響くエピソードが多く出てきます。大人の社会でひるむ青年期、たぎるような勢いをふりまわす時期を過ぎ…、さて。という人生経験を経て読むと、とても沁みるものがあります。大人にならなくては…という葛藤ともいえるかもしれません。

(3年前に参加したかたも、ここ数年で世間が重きをおく価値観が変化していることもあり、感じ方の色合いがかわっていることと思います)

 

読書会は多眼で読む会です。人はひとりの人生劇場しか演じられないけれど、小説を材料にすることで、ひとりの視点ではみえなかった世界を、何倍もの密度で感じることができます。それぞれの頭のなかの世界を、インド哲学視点での分解と共に交換していきましょう。

当日はみなさんの宿題にあったコメントを関連付けて編集したテキストとともに進行します。初参加の人も、これを機に「多眼読書」の世界にどうぞ仲間入りしてください。「発言できないかも…」なんて心配は、来てみれば無用。読了できていれば必ずや楽しめます。(というか、「門」は、のめりこみます! ほんとうに)

 

開催日時:2017年6月24日(土)12時10分~15時
開催会場:世田谷ものつくり学校 (最寄り駅:東急田園都市線三軒茶屋」or「池尻大橋」)
参加費:3500円(当日会場でお支払いください)
持ちもの:筆記用具、「門」
事前準備:お申し込みをいただいた方へ、簡単な宿題をメールでお出ししますので、6月17日(土)までに読了し、返信をください。むずかしいことは問わない、ちょっとした感想くらいの宿題です。

★先にニュートラルな状態で読みたい、宿題を受付のタイミングよりもあと(6月上旬)に知りたいというかたは、その旨申し込みフォームにチェックを入れてください。

 

▼参加申し込みはこちらからどうぞ


▼この形式でのインド哲学講座については、こちら開催理由を書いています。