まろやかインド哲学

専門性よりも親しみやすさを優先し、インド思想をまろやかな日本語で分解演習します。座学クラスの演習共有のほか、インド六派哲学のサーンキヤとヨーガの教典についてコメントしながら綴ります。

ムース除毛とワックス脱毛

わたしが開催しているハタ・ヨーガのクラスへはじめてやってきた女性と、クラスの後にこんな雑談をしたことがありました。
平日夜のヨガクラスでは、背骨・肩・股関節をダイナミックに動かすことで「すっきり感」を得られることを大切にメニュー構成をしています。
仕事や雑事のあと、いろいろ頭の中に考え事や情報が散らかった状態で練習をはじめても集中しやすいよう、わざと通常の思考回路ではむずかしいと感じる動きを入れ、意識を「さっきまでの日常」から引き離しやすくしています。運動の強度はそうでもないのに、頭はスッキリする。視覚と脳の連動をあえて裏切るような、そんなメニューを多くしています。


ある日、はじめておいでになったかたが「ものすごく集中できた。スッキリした」とおっしゃっていました。最初はみなさんそうですが、クラスの展開にしがみつく感じでついてくる1時間が、その人にとって「ものすごく集中」であったのだろうと思います。
そこに「すっきり」のしかけがあります。
そのときは男性が先にお帰りになって女性しかいない状態だったので、こんな話をしました。

わたしは仕事の直後にリラックス系のヨガをしてもなかなか思考を止めることができなかった経験があるので、自分で組み立てるヨガクラスでは「思考をひっぺがす」ということを重視しています。
ムース除毛でふんわりやっている場合じゃない、すぐまた生えてくるやつも、ワックス脱毛ならもうベリッと抜けるじゃないですか。夜のメニューは、頭をお休みさせるアプローチとして、そういう感じです。


ぐるぐる思考のしぶとさとムダ毛が再生するメカニズムは、なんだか似ている気がします。
再生してほしくないところばかり再生してくるのも、よく似ていると感じます。

講座のおしらせ「バガヴァッド・ギーターをうなりながらタテノリで読む会」(新潟県長岡市開催)

「バガヴァッド・ギーター」読書会・新潟県長岡市開催のご案内です。(長岡市では初開催です)

ひとりで読むよりも、同じ言語で同時代を生きる他人と読むことで、ギーターがグッと身近になる読書会です。

日本はインドと違ってカーストやヴァルナのような身分の仕切りは少ないはずなのに、日常生活ではムードに合わせて空気を読んだり忖度したり、根っこのところは似ています。

そんなわれわれにとって、理不尽と感じる状況の中でも己を保つ知恵がてんこ盛りの「バガヴァッド・ギーター」は、読んでびっくりの詩集。実際読んでみると、ガンディーが心の支えにしていたというのも至極納得の聖典です。

インドの聖典といわれてもさっぱりピンとこないというかたも、大丈夫。冒頭でこの書物やその背景について(時代・書物の性質・詩節について・文や語調のこと・描かれているテーマ・社会や階級のことなど)、インド思想の概略をお話しします。そのあと、いっしょにいくつかの節を掘り下げてみましょう。

 

  • 開催日時:2018年6月30日(土) 9時20分~11時45分(会場施設は9時オープン)
  • 会場:長岡駅から徒歩7分のところにある学習スペース(お申し込みいただいたかたへメールでご案内します)
  • 持ちもの:筆記用具、バガヴァッド・ギーター(どこの出版社のどの訳でもよいです)
  • 事前準備:事前にギーターを読み、刺さった or グッときた節をひとつ選び、6月23日(土)の18時までに簡単な理由を添えてメールをください。選曲リクエスト感覚でかまいません。(※初参加のかたは宿題提出なしでも参加いただけますが、なんか出したほうが楽しいです。第1章でつまずいたかたは、第2章と18章に目を通してみてください)
  • 申し込み:こちらからご連絡ください 

 

▼対話型講座についての、ちょっとした思いはこちら

 

▼バガヴァッド・ギーター 本のこと

 

▼過去に参加してくださったかたのブログ

【受付終了】講座のおしらせ「バガヴァッド・ギーターをうなりながらタテノリで読む会」(神戸開催)

<関西開催は受付終了しましたが、参加のかたの参照用に情報だけ残しています>

「バガヴァッド・ギーター」読書会・関西開催のご案内です。

ひとりで読むよりも、同じ言語で同時代を生きる他人と読むことで、ギーターがグッと身近になる読書会です。

日本はインドと違ってカーストやヴァルナのような身分の仕切りは少ないはずなのに、日常生活ではムードに合わせて空気を読んだり忖度したり、根っこのところは似ています。根っこのところはどの社会も似ています。

そんなわれわれにとって、理不尽と感じる状況の中でも己を保つ知恵がてんこ盛りの「バガヴァッド・ギーター」は、読んでびっくりの詩集(あえて詩集とここでは書きます)。実際読んでみると、ガンディーが心の支えにしていたというのも至極納得の聖典です。

インドの聖典といわれてもさっぱりピンとこないというかたも、大丈夫。冒頭でこの書物やその背景について(時代・書物の性質・詩節について・文や語調のこと・描かれているテーマ・社会や階級のことなど)、インド思想の概略をお話しします。そのあと、いっしょにいくつかの節を掘り下げてみましょう。

 

  • 開催日時:2018年6月3日(日) 9時20分~11時45分(会場は9時オープン)
  • 会場:(受付終了しました)
  • 持ちもの:筆記用具、バガヴァッド・ギーター(どこの出版社のどの訳でもよいです)
  • 事前準備:事前にギーターを読み、刺さった or グッときた節をひとつ選び、5月27日(日)の18時までに簡単な理由を添えてメールをください。選曲リクエスト感覚でかまいません。(※初参加のかたは宿題提出なしでも参加いただけますが、なんか出したほうが楽しいです。第1章でつまずいたかたは、第2章と18章に目を通してみてください)
  • 申し込み:(受付終了しました)

 

▼対話型講座についての、ちょっとした思いはこちら

 

▼バガヴァッド・ギーター 本のこと

 

▼過去に参加してくださったかたのブログ