まろやかインド哲学

専門性よりも親しみやすさを優先し、インド思想をまろやかな日本語で分解演習します。座学クラスの演習共有のほか、インド六派哲学のサーンキヤとヨーガの教典についてコメントしながら綴ります。

仕返しのチャンスがきたときに、ひっこめられること

今日ここで書くことは、バガヴァッド・ギーターの読書会にヒクソン・グレイシーという格闘家の自伝本を読んだことのある方がいらっしゃっていた際にわたしが話したことです。過去にその本を別のブログで紹介したことがあったので、ブログには書かなかった背景について話しました。
ヒクソン・グレイシーは、その精神性も含んだ強さがとても印象に残っている柔術の格闘家です。その格闘家がバガヴァッド・ギーターを引き合いに出しているのを読み、わたしは30代のうちにバガヴァッド・ギーターの教えと経験と重ねあわせることができてよかったと思ったのでした。
その理由を、このように振り返って話しました。

これはわたしの経験からですが、30代半ばを過ぎるとさまざまな環境で役割が動いたり一周したりして、めぐり合せのように「仕返しのチャンス」がやってくることがあります。わたしは過去に、かつて目上であった人と立場が変わった機会が何度かあり、その都度「仕返し」という発想を引っ込めてきました。引っ込めてきてよかった・仕返しをしなくてよかったと、いまになってすごく思います。その感じをヒクソン・グレイシーの本を読んだときに、これだと思ったのでした。
ヒクソン・グレイシーは格闘家なので、過去にずるい手で自分を苦しめた相手への仕返しのチャンスは、相手の選手生命を終わりにすることもできてしまう瞬間なのだそうです。そんなときに、自分で自分を神聖な方向へ修正してきた心の経験を本の中で語っていました。この心のコントロールの様子は、まるでバガヴァッド・ギーターの第6章5節・6節のようでした。
ヒクソン・グレイシーの本では、わたしが書いた「仕返し」に対応する要素が「おしおき」という言葉で訳されていました。「"義憤" を神テイストのフレーズで正当化し裁きを実行しようとする自分に悪魔性はないか」と自ら問うような、そんな鋭い言葉として響きました。


読書会では、経験談としてこのような要素をもっとカジュアルに日常的な経験を交えて話しました。
ヒクソン・グレイシーはブラジルの人です。ブラジルはキリスト教の人が多いですが、ヒクソン・グレイシーのように「戦い」に向き合っている人がいることを知り、「赦し」よりも「自己の敵は自己」という心持ちのほうが指針にしやすいと感じる自分の内面を肯定しやすくなりました。実際に強い人を見て、より理解が現実に近づくような気がしました。
そんな話をしました。