まろやかインド哲学

専門性よりも親しみやすさを優先し、インド思想をまろやかな日本語で分解演習します。座学クラスの演習共有のほか、インド六派哲学のサーンキヤとヨーガの教典についてコメントしながら綴ります。

プラクリティほどきめ細かく柔軟なものはない

サーンキヤ・カーリカー 第61節・その注釈で述べられていること

「プラクリティほどきめ細かく柔軟なものは、ほかには存在しない」というのがわたしの考えです。
観る者に向けてふるまった後は、再びプルシャに見られようとはしません。


<「サーンキャ・カーリカー」内でのこの節>
イーシュヴァラクリシュナが「わたしの考えでは」とハッキリ意思表明をする節です。

 

<日本語化の意図メモ>
これまで淡々と原理をカウントしそのはたらきを説き、いくつかの喩えを経て、このような意思表明をするという流れはほかの教説では見たことがなく、たいへん魅力的な節です。
この節は「sukusmarataram」にどの日本語をあてるかで、与えるイメージが情緒的に揺れます。「上品」や「優雅」「優美」などの言葉もあてはまらなくはないのですが、それは少しやりすぎの感があるので、物質的な語(きめ細かく柔軟)の選択までにとどめました。

 

<用語メモ>

プラクリティから、プラクリティより(prakrteh)
繊細な+もの、きめ細かい+もの、優美な+もの、柔らかい+もの(sukusmarata+ram)
ない(na=not)
存在する、ある(asti)
なにか、ほかのもの(kincid)
わたしの、わたしにとっては(me)
知識、意見、理解、視点、信条(mati)
考え(bhavati)
誰か(ya)
観る(drsta)
わたしは(asmi)
~した(iti)
わたしは観られたと考える(drsta asmi iti,drstasmiti)
再び(punar)
見せる(darsanam)
する、アプローチする、届ける(upaiti)
プルシャに、プルシャの(purusasya)

 

▼次の節へ

 

▼インデックスへ