まろやかインド哲学

専門性よりも親しみやすさを優先し、インド思想をまろやかな日本語で分解演習します。座学クラスの演習共有のほか、インド六派哲学のサーンキヤとヨーガの教典についてコメントしながら綴ります。

捉える、保持する、明らかにする

サーンキヤ・カーリカー 第32節・その注釈で述べられていること

道具である器官は13種類あります。
5つの行為器官は「捉えること」と「保持すること」をします。
5つの知覚器官は「照らすこと」をします。
これら(13種類の器官)のはたらきかけかたは10種類あります。
その10種類のはたらきかけ(下記参照)の対象は、「捉えられるもの」「保持されるもの」「照らされるもの」でもあります。

 

<「サーンキャ・カーリカー」内でのこの節>
プルシャの目的のために器官がはたらき、それによって「捉える」「保持する」「照らす(明らかにする)」ということが可能であると述べています。
このあとの第33節以降で、「捉える」「保持する」「照らす」に時間の定義が加わっていくのですが、そのまえに物理的な部分について切り分けています。

10種類のことは、以下

  • 見る
  • 聞く
  • 嗅ぐ
  • 味わう
  • 触れる
  • 話す
  • 手で取る
  • 歩く
  • 排泄する
  • 性をよろこぶ

 

<日本語化の意図メモ>

この節の内容自体は過去に定義した事項の再整理です。次節で時間という概念的な項目に入っていく前に、物理的なことの領域を念押ししておくというやりかたがサーンキヤ・カーリカーの特徴で、淡々と局面を切り出しています。


<用語メモ>
器官(karana)
13(trayodasa,trayodasha)
13種類(trayodasavidham)
10(dasa,dasha)
捉える、捉えられるもの(aharana/aharyam)
保持する、保持されるもの(dharana/dharyam)
照らす、照らされる 明らかにする、明らかにされる(prakasya,prakasha)
行為、結果(karya)
そしてまた(ca tasya)

 

▼次の節へ

 

▼インデックスへ